\ ポイント最大11倍! /

おからクッキーは太る?!意外なデメリットに気をつけよう

<景品表示法に基づく表記>本サイトには、プロモーションが含まれている場合があります。

ダイエットの味方になるはずのおからクッキーですが、太ってしまう人もいます。商品選びや食べ方を間違えると効果半減と聞くと心配になりますよね。

私自身おからクッキーを探していても「ダイエットのための商品なのか、おいしさを重視しているのかどうか」が分かりづらく悩んでしまった経験があります。

ダイエットのために、おからクッキーを選ぶなら商品選びが大切です。

おからクッキーの食べ方の目安やおすすめ商品もお伝えするので、ぜひ参考にしてください。

糖質がたった0.8g

市販品にはない糖質の低さが魅力!

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場

食事量を自然と減らしたい人はおからクッキー、栄養目的や間食としてクッキーを食べたい人はベースクッキーがおすすめです。目的に合わせて選んでみてください。

目次

ダイエット中におからクッキーを食べる目的

おからクッキーは、食前に食べることで自然と食事量を減らせる効果が期待できます。

その仕組みは次のとおりです。

食前におからクッキーを食べる

水分をしっかり摂る

胃腸で食物繊維が水分で膨張

自然と食事量が減る=カロリーダウン

おからクッキーに含まれている食物繊維が水分で膨らみ、少しの食事でも満足できる狙いがあります。食事量が減ると、おからクッキー以上のカロリーダウンが期待できます。

食事量を抑える目的と理解することが大切!

1食あたりの食事量が決まっている人は、おからクッキーを食べてもカロリーダウンできません。むしろおからクッキーのカロリーの分、今までよりも過剰に摂取してしまい太る可能性が高いので要注意です。

その場合は、間食としての利用も検討しましょう。少量で満足感を得られるので、ついつい食べすぎてしまう心配が少ないです。

糖質が高い商品もあるので、糖質制限している人は低糖質のおからクッキーを選びましょう。

おからクッキーで太る4つの理由

おからクッキーは正しい食べ方をすれば、ダイエットの味方になる商品です。ですが、自己流の食べ方や商品選びを間違えると太ってしまう人もいます。

太る原因である4つのポイントは次のとおりです。

  • 食べすぎ
  • 水分をとっていない
  • 他の食事内容が変わらない
  • 商品選びが間違っている

それぞれの項目について詳しく解説していきます。

①食べすぎ

おからクッキーの目安量は約2枚です。商品の概要欄におすすめの量が記載されている場合もあります。

カロリーは1枚20~40kcalあるので、食べすぎはカロリー過剰の原因にもなります。あくまで食事前にお腹を膨らませる目的なので、少量のみに抑えましょう。

食べすぎてしまう人にはハードタイプがおすすめ!しっかり咀嚼する必要があり、バクバク食べてしまう心配も少ないです。

②水分をとっていない

おからクッキーは水分と一緒に組み合わせることで、食物繊維の効果を発揮できます。

おからクッキーを食べるだけで胃腸で食物繊維が膨張することができず、満腹感を生み出すことが難しくなってしまいます。満腹感を感じづらい人は、水分量を増やすことがおすすめです。

また水分不足の状態で食物繊維を摂取すると、便秘の原因にもなるので注意しましょう。

水分をとっても満腹感が得られない人は、おからの配合率の高いクッキーを選びましょう。

③ほかの食事内容が変わらない

おからクッキーを使ったダイエットは、食前に食べることで食事を少量で満足する方法です。

そのため、食前におからクッキーを食べても、食事量に変化がなければ、おからクッキーの分だけカロリーを過剰に摂取してしまうため、太る原因になります。

④ダイエット向きの商品ではなかった

おからクッキーはお菓子のため、ダイエットよりもおいしさ重視の商品も多いです。特に市販の商品は、おからが少量しか含まれていない商品もあります。

おから100%クッキー食べ応えのあるハードタイプのクッキーを選ぶと、ダイエットに成功しやすくなります。

おからクッキーは太るのか口コミを調査

「おからクッキーは太るのかどうか」で口コミをチェックしてみました。太る人・痩せる人に共通するポイントも発見したのでお伝えします。

おからクッキーダイエットに成功した口コミ

おからクッキーでダイエットに成功した人の特徴は、以下のとおりです。

  • 決まった量を食べている
  • 間食を置き換えている
  • ダイエット向けの商品を選んでいる

口コミでは、間食に置き換えている人や夕食を置き換えている人が多かったです。おからクッキーはおいしいので、間食の置き換えでも満足感があります。

クッキーで置き換えたい人は栄養食であるベースクッキーがおすすめです。

おからクッキーで太った口コミ

太った人の口コミは、以下のとおりです。

  • 量を決めていない
  • おいしさ重視の市販の商品を選んでいる

量を決めずに食べすぎる人が多いです。また市販のおからクッキーには、ダイエットよりもおいしさ重視のものが多いことが食べすぎる原因のひとつです。

おからクッキーでダイエットしているときの食べ方は?

おからクッキーは食べれば食べるほどに痩せる食材ではありません。おからクッキーでダイエットしたいときの食べ方のポイントをお伝えします。

  • いつ食べるのか
  • 食べる量はどのくらいか
  • 食事量は少し少なめを意識する

3つの項目について詳しく紹介します。

①いつ食べるのか

おからクッキーを食べるタイミングは、食前または間食がおすすめです。

基本的には、おからクッキーは食事量を減らすために食前に食べることがおすすめです。間食を多く食べすぎてしまう人は、間食におからクッキーを食べることでカロリーダウンする効果が期待できます。

②食べる量はどのくらいか

おからクッキーの目安量は、食前なら2枚程度、間食なら3~5枚程度を目安にしましょう。

一般的なクッキーよりもカロリーが抑えられていることがおおですが、1枚当たり20~40kcal近くあるので、食べすぎには注意が必要です。間食で食べる場合は、100~200kcalを目安にしてください。

③食事量は少し少なめを意識する

おからクッキーは、満腹感から他の間食や食事を抑える効果が期待できます。

他の食事や間食をそのまま食べてしまうと、ダイエット効果が出ないの注意しましょう。

ダイエットにおすすめのおからクッキーの選び方

ダイエット中に食べたいおからクッキーの商品選びのポイントについてお伝えします。

注目したいポイントは次のとおりです。

  • カロリーや糖質は高くないか
  • おからの配合率は高いか
  • 硬さはどのくらいか

市販のおからクッキーには、おからは少量でおいしさ重視のものも販売されているので注意が必要です。3つのポイントを満たすおすすめの商品を紹介します。

①4つのタイプから選べる人気商品

\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場

楽天ランキング1位のおからクッキーは、自分に合わせた4つのタイプから選ぶことが可能です。ダイエットには、ハードタイプかヘルシータイプがおすすめ。好みにあった味や硬さが見つかります。

→楽天市場で10,000件以上の口コミを見る

②すごくかたいおからクッキー

\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場

「ほかのおからクッキーで食べすぎてしまった経験がある」という人は、すごくかたいおからクッキーがおすすめです。何個もバクバク食べられないので、つい食べすぎてしまう人は、ぜひ検討してみてください。

→楽天市場で900件近くの口コミを見る

③超低糖質!おから100%クッキー

\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大45.5倍!/
楽天市場

糖質制限ダイエットに取り組んでいる人には、超低糖質クッキーがおすすめ。糖質は1枚あたり0.8gしかありません。おからとグルコマンナンを配合しているため、水分で膨らみ、満腹感を感じやすい商品です。

→楽天市場で14,000件以上の口コミを見る

おからクッキーは食べ方を間違えると太る

おからクッキーは、自然と食事量を減らせるダイエットの味方です。

ですが、おいしさがゆえに食べすぎて太ってしまう人もいるので注意が必要です。食べるときには、量をしっかり守って摂取しましょう。

  • 食前に水分と一緒に
  • 間食のおやつとして
  • 置き換えダイエットとして

自分に合った方法で、おからクッキーを生活に取り入れてみてくださいね。

\クッキーで置き換えダイエットしたい人はコチラ/

おからクッキー単体で置き換えダイエットをすると、栄養が偏りがち。置き換えダイエットには、ベースクッキーがおすすめです。

→ベースフード公式サイト←

※1食(4袋)で、栄養素等表示基準値に基づき、過剰摂取が懸念される脂質・飽和脂肪酸  ・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次