MENU

使い捨てグリルの評判は?一工夫で使いやすくなるコツを紹介

最近どんどん人気が出てきている使い捨てグリル。

「バーベキューは好きだけど、片付けは苦手…」
そんな人は使い捨てグリルがおすすめです。

はじめは上手く扱えずに困ったこともありましたが、今では必ず使うほどの愛用品になりました。

「使い捨てバーベキューで上手くいくか不安」
「以前使ったけどイマイチだった」

そんな人はぜひ参考にしてみてください。

我が家愛用タイプの使い捨て

我が家が愛用しているのは、周りがアルミで囲まれたタイプの使い捨てバーベキューグリルです。

頻繁に行うバーベキューで値段がお手頃で使いやすいです。
みんなで割れば1人あたり200円ほどで可能です。

目次

使い捨てバーベキューはどんな商品?火はつく?【口コミも】

手軽にBBQができると人気が出てきている使い捨てバーベキューコンロ。
実際に10回以上使用した我が家の使い方や口コミを紹介します。

使い捨てBBQはどんな商品?

使い捨てバーベキューコンロは、炭・着火剤・網がセットになっていて、これ1つでBBQが楽しめる商品です。

メリットデメリット
・BBQコンロの掃除が不要
・道具を持っていなくても可能
・使い捨てなので家で収納も不要
・燃焼時間が短い
・毎回お金がかかる
・火がつくのか不安

メリットはとにかく手軽なことです。
掃除の手間がいらないので、グループでするときも揉める心配もありません。

子連れバーベキューの我が家では登場率高めです
(BBQコンロも持っています)

網の掃除や炭で汚れたコンロの掃除がないのは、本当にそれだけでお金をかけるデメリットを上回っています。

金銭面を重視したい人は、今は安いバーベキュー用品も売っているので、何度も使用するほうが経済的です。

\値段が2000円以下の激安グリル/

本当に火はつく?

どんなに便利な商品でも使えなきゃ意味ないですよね。実際の使い捨てバーべキューの使い心地はどうなのでしょうか。

だいたいの場合は燃焼時間が短いこと以外に不満はなく、問題なく使用できました。

火がうまくつかず燃焼時間が極端に短くなってしまったことはありました。

その経験を活かして、今は工夫をすることでしっかりと最後までBBQをすることができています。

正規の方法でBBQをするなら、使い捨てグリルは予備も含めて2台は持っていきましょう。

良ければ我が家流の炭足しの使いかたの工夫を紹介するので、気になる人は参考にしてみてください。

何回かやったうちのたった1度だけですが、BBQできるほど火が付かず困ったことがありました…。予備がなかったらと思うと恐ろしい

他の人の口コミを見ていても、火がうまくつかないことがごくまれにあるようです。

うちわ等で風を送ることで解決するケースもあるので、今困っている人は試してみましょう。

売っている場所は?

ダイソーやホームセンターで販売しています。確実に手にいれたい場合はネット通販がおすすめです。

①コーナン(767円)

コーナンではサイズが2種類販売されています。大サイズが767円、小サイズが437円でした。

詳しい商品情報はコーナンeショップを参考にしてみてください。

②カインズ(498円)

カインズにも使い捨てバーベキューグリルが販売されています。
「片付けラクラク木炭付きコンロ」です。

詳しい商品情報はカインズのホームページを参考にしてみてください。

③ダイソー(550円)

ダイソーにも使い捨てバーベキューグリルが販売されています。

店舗も多く便利なのですが、売り切れのことも多いです。確実に手に入れたい人はダイソーの店舗に電話してみるのもいいかもしれません。

④ネット通販

ネット通販ではサイズに注意しましょう。

\1~2人用サイズ/

\4人サイズ/

使い捨てBBQに一工夫をしてみる

使い捨てBBQは便利ですが、デメリットも気になるポイントです。
燃焼時間の短さと火がつかない不安はこれで解決できるので、ぜひ試してみてください。

商品説明通りの使い方ではありません。
※自己責任でお願いします。

使い捨てBBQに用意するもの

用意するものはこちら。

・使い捨てバーベキューコンロ
・着火剤
・炭

使い捨てBBQは着火剤はセットですが、別で用意しておきましょう。
値段も安いので忘れないうちに、買い物かごにいれることおすすめします。

火はチャッカマンでつけることも可能ですが、我が家ではトーチバーナーを使用しています。

1000円程度で火起こしの不安から解消され、今では必需アイテムです。

BBQグリルの火起こしのやりかた

商品通りの説明なら上から火をつけるだけなのですが、我が家では燃焼時間を長くする工夫させています。

ソロの人以外は、60分では時間不足になりがち…。
ワイワイしながら食べたい人は要チェックだよ!

ズマコ家のやりかた
  • STEP1
    網を外す

    使い捨てインスタントグリルの網を外します。

     

    外のアルミ部分は手で簡単にめくれるます。

    ※商品説明には網を外さないでと書いてあるので、自己責任でお願いします。

  • STEP2
    炭を足す

    写真で見ての通り、炭部分のスペースはかなり余っているので、その部分に炭を足していきます。

  • STEP3
    着火

    必要な炭の量が分かったら真ん中に集め、着火します。着火剤を入れているので簡単に火おこしができます。

  • STEP4
    炭に火がついたら平らにならす

    完全に火がつかなくても構いません。
    はじめは付属の炭が燃え、後半は追加分の炭が燃えます。

  • STEP5
    網を置いたらBBQ開始

    網は置くだけの状態なので、最後にマシュマロも焼き芋もしっかり楽しめます。

インスタントグリルの説明に網を外さないでくださいと書いてあるので、正しい使い方ではありません。

ですが、このやり方に変えてバーベキューのストレスが激減しました。

炭を足すことによって長時間楽しめ、片付けもあっという間に終わります。

網を洗う手間やBBQグリルを洗う手間を考えると、数百円で時間や手間の節約が可能です。

着火剤のいらない炭もあります。ネットで買える炭の中でも少量サイズなので、あまり行く機会のない人にもおすすめです。

使い捨てBBQの片づけはどうしたらいい?

いくら使い捨てバーベキューといっても最後までしっかり片付けをしなくてはいけません。BBQを楽しむ前に片付けまでしっかり予習しておきましょう。

終わった後の片づけ方は?

まず周りのアルミ部分と網部分は持ち帰り、燃えないゴミとして処分しましょう。
柔らかいのでくるくる巻けば、ある程度コンパクトになります。

炭は必ず火消しをしてから処分します。
火を消したあとは炭捨て場や燃えるゴミとして捨てましょう。

火消しの方法は大きく3つあります。

・水につける
・燃え尽きるまで待つ
・炭消しポットを使う

おすすめは炭消しポットです。
どんな初心者でも、確実に火を消すことができるので、安心して処分することができます。

昔、消えたと思っていた炭で机を焦がしました…。予想以上に炭は長時間燃え続けるので、確実に消しましょう。

片付けがもっと楽なグリルもある

「燃えないゴミってどうやって捨てたらいいのか分からない」
なんて人には、画期的な商品があります。

段ボールでできたインスタントグリルです。

デンマーク初の自然素材のみでできたインスタントグリルです。興味のある人はぜひ商品ページを参考にしてみてください。

使い捨てバーベキューで楽しもう!

BBQのおいしい時期になったら、使い捨てバーベキューで楽しみましょう。

素材が軽いので処分が簡単な部分もありますが、その分風でひっくり返りやすいので強風には注意してくださいね。

バーベキューのタレ等もしっかり準備してください♪

タレで肉の味が変わります!

\お気に入りのタレを見つけよう/

参考になれば嬉しいです。
くれぐれも自己責任でお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる