MENU

バタートーストはいつもの焼き方に一工夫しよう

朝ごはんの定番「バタートースト」
定番のものこそ1番おいしく作りたい…!

お店で出てくるようなジュワッと染み込むバターが染み込んでいるものを食べるときは幸せの瞬間です。

今回はそんなバタートーストを家で食べるための方法を紹介していきます。

こんな人におすすめ
  • 朝食にバタートーストを食べる人
  • 定番こそおいしく作りたい人
  • 明日の朝ごはんが決まっていない人

当てはまった人はいつもの焼き方に一手間を加えるだけでマネできるのでぜひ最後までご覧ください。

目次

美味しいバタートーストのつくりかた

美味しいバタートーストを作るためのポイントは大きく4つあります。

  • 自分に合った食パンを選ぶこと
  • 食パンに切れ込みを入れること
  • 高温で短時間に焼くこと
  • バターを染み込ませること

このポイントを詳しく説明していきます。

トーストを美味しく焼く前にまずは食パン選びです。

食パンはシンプルな故に値段の差が味に繋がりやすいです。
スーパーの食パンでもたった20円の差でも味の違いが大きいので好きなものが見つかるまで色々と試してみましょう。

大事なポイントは何枚切りの食パンかということです。

6人家族だから6枚きりなど家族の人数で選んではいませんか?

ぜひ食感の好みに合わせて選びましょう。
何枚きりを選ぶかによって大きく食感は変わってきます。

もっちりした食感が好きなら4枚切り
サクッとした食感が好きなら6枚切り


ぜひ食パンにも私は何枚切りが好きという気持ちを持って選んでほしいです。

ズマコ
ズマコ

バタートーストをする時には4枚切りを選びます。具材を乗せるときは5枚切り、ホットサンドは6枚切りか8枚切りと食パンを選ぶ時からメニュー選びは始まります。

食パンが選び終わったら一手間かけてほしいことがあります。

食パンに切れ込みを入れることです。

中央に入れる形でも端だけを入れる形でも好みの形でいいですが、この切れ込みを入れることによってよりバターが染み込むようになり美味しいバタートーストになります。

この一手間を加えることでより美味しくすることができます。

切り込みを入れた食パンの見本

切り方はお好みです。

焼き方のポイントは高温で短時間に焼くことです。

その理由は食パンの水分を逃さないためです。水分がなくなってしまうとパサパサしたトーストになってしまいます。

焼き方のポイントを押さえた焼き方を後ほどオーブントースターとフライパンでの方法の2つを紹介していきます。

最後のポイントはバターを短時間で染み込ませることです。

染み込ませることを考えるならバターは短時間ですることが必須です。時間がかかってしまうと表面だけしか染み込まずジュワッとしたトーストになれないからです。

オーブントースターで焼く場合

定番オーブントースターでの焼き方です。
2枚のトーストを同時に作れたりもするので便利家電です。

オーブントースターでの焼き方
  • STEP1
    まずは予熱をする

    食パンを焼く前に必ず予熱します。
    トーストの環境をはじめから高温に保つためです。

  • STEP2
    食パンの向きに注意して入れる

    オーブントースターはどうしても手前と奥では温度の差が出てしまいます。山型の食パンの場合は手前に山が来るように入れましょう。

  • STEP3
    霧吹きで水分をかける

    食パンに直接か、もしくはオーブントースタ内にかけます。
    冷凍した食パンは水分量が低くなりやすいので多めにかけましょう。

  • STEP4
    好みの焼き目で取り出しバターを塗る

    バターは短時間で染み込むように塗りましょう。

     

    全体的にツヤツヤになるまで塗ります

  • STEP5
    もう1度焼く

    染み込むようにもう1度焼きます

  • STEP6
    追いバターをする

    最後のバターで香りを追加していきます。

     

オーブントースターの場合、2枚や多い方は4枚のバターを塗ることにもなるので、バターをより早く塗るためのお助けアイテムがあると便利です。

バターって食パンの上で意外に溶かすまで時間かかるので便利そうです。

ズマコ
ズマコ

毎日のことだから手伝ってくれるアイテムはヘビロテ間違いなしです。

フライパンの場合

フライパンの場合は放置ができないことや1枚ずつしかできないことがデメリットですが、バターをしっかり染み込ませることができるメリットがあります

フライパンでの焼き方
  • STEP1
    フライパンに食パンの乗せる

    切れ込み部分を下にしてフライパンに乗せます。

  • STEP2
    蓋をして焼きます

    蓋をすることで水分量を減らさないようにします。

  • STEP3
    ひっくり返して軽く焦げ目がつくまで焼きます

    均一にフライパンに当たらないこともあるのでその場合はヘラなどで押さえて調整してください。

  • STEP4
    バター投入します

    バターを溶かしながら染み込ませるので短時間になどを気にしなくてフライパンの場合は気にする必要はありません。

  • STEP5
    もう1度表面もサクッと焼きます。

    こちらはお好みで構いません。
    ジュワッとしているのが好きな方はぜひどうぞ。

  • STEP6
    追いバターをする

    トースター同様最後にバターを乗せることで香りづけです。

1枚だけ作るのにはフライパン便利です。
家族分となると少し時間差ができてしまうのが難点です。

追加アレンジもオススメ

それだけでも十分に美味しいバタートーストですが、毎日食べていると飽きてしまうこともありますよね。

いつも家にある調味料で簡単にできるアレンジも紹介します。

それは塩と砂糖です。

塩をかけると塩バタートースト。
砂糖をかけるとシュガートースト。

簡単にアレンジできちゃうのでオススメです。

ズマコ
ズマコ

子どもの頃に食べたシュガートーストの味は不思議と覚えています。

まとめ

最高のバタートーストの作り方はどうだったでしょうか。

オーブントースターのほうがジュワッとしたトーストに、
フライパンのほうがサクッとしたトーストに仕上がります。

ズマコ
ズマコ

両方試して好みのものを見つけてもらえると、よりバタートーストが楽しめます。

特に水分量に関してはトーストする際は気をつけてください。
水分量をアップさせるためのグッズも発売されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

モーニング大好き主婦。

朝に珈琲を飲む時間を大事にしてます。

コメント

コメントする

目次
閉じる